歯肉炎は大人だけなく子どもがなる病気だった!原因と対策

近年、テレビのコマーシャルでも放送されている事があります。
それは、現代の小学生と中学生の4割もの子供たちが歯肉炎に見舞われているというものです。
実際に学校にて行われる歯科検診において歯肉炎という診断を受けてしまい、歯科医に出向く子供も増加傾向にあります。
そもそも、歯肉炎というのは細菌が固まっているプラークと呼ばれる思考が起因の炎症です。
歯肉炎と耳にすると、単なる炎症であると考えてしまう事が多いのですが、歯周病の初期段階と言っても過言ではない状態です。
放置し続けると炎症が歯を支えるための歯周組織に広がってしまい、最終的には歯周病になります。
一度でも歯周組織が破壊されてしまうと元に戻ることはなく、将来的に抜け落ちてしまう可能性が著しく高まってしまいます。
しかし、子供の場合は歯肉炎が悪化し次の段階に入ってしまう可能性は極めて低いです。
治りが早い年頃なので、正しく治療を行えば必ず回復するため大人になってから手遅れにならないためにも早いタイミングから予防しておきましょう。
ただし、一般的な症状の場合痛みは感じられないので当事者でさえも気づくことができないため、保護者の方などが口内を高い頻度で確認してあげる事が有効的です。
健康な歯肉というのは色がピンクで引き締まっているように見受けられるものの、緑色になっていたり赤く腫れ上がっているようなら歯肉炎を疑いましょう。
具体的に見受けられる変調としては、歯間の歯肉の形状が丸くなり柔らかい触り心地に感じられるというものです。
しかも、歯磨きや食事といった何気ない行為でも出血してしまうようになります。
歯肉炎のケアと言うと特別なことが必要に感じられてしまいますが、歯ブラシでブラッシングしてあげるだけで良い効果が得られます。
毛先を軽く当てて振動させるような意識で動かしてあげると血行が良くなり症状を沈めることができるのです。
当然、虫歯の予防にも繋がるので歯茎も一緒に磨くように指導してあげましょう。
ブリアン歯磨き粉の体験レビューを紹介しているサイトはこちら

子どもの歯と歯の隙間が広すぎる!空隙で変わる歯並び

生まれてから数年で乳歯から永久歯への交換という大変化が起こる子供の歯ですが、その間に歯と歯の間に隙間があいてしまうことがあります。
空隙歯列(くうげきしれつ)、所謂すきっ歯と言われる歯並びのことです。
この歯並びには、治療が必要な場合と、自然に治る場合があります。
歯と歯の間に隙間があいてしまうのは、顎(歯列弓・顎骨)の大きさに対して歯のサイズが小さかったり、生まれつき歯の本数が少なかったりするのが原因です。
他にも、本来あるはずがない過剰歯の存在や、指しゃぶりや舌癖や口呼吸などの癖が影響するなど様々な原因があり、それによって歯が並ぶスペースが余ってしまい、隙間があいた歯並びになってしまうのです。
発音障害や歯周病の原因などになることもある空隙は、大人の場合には治療せず自然に治ることはありませんが、必ず治療が必要なものではありません。
しかし、子供の場合は、自然に治ることもあり、治療に進むべきかどうかは歯科医による専門的な判断が必要です。
実は、永久歯が生えそろう前の子供の空隙は、歯の異常ではなく、むしろ綺麗な歯並びになるために大事なスペースとなります。
乳歯の段階で歯と歯の間の隙間が全くない綺麗な歯並びであるということは、よりサイズの大きな永久歯がきちんと並んで生えるスペースがないということになります。
結果として悪い歯並びになってしまいますから、小さな乳歯の段階では隙間だらけのほうが良いのです。
ただ、永久歯が生え出した混合歯列期になっても、空隙が目立つ場合は、注意が必要です。
生え変わった来ている
歯が綺麗に並んでいないや、あごの大きさに対して永久歯が小さいなど、永久歯が生え揃ってからも、空隙が治らないかもしれないからです。
歯や顎の大きさに関係なく、指しゃぶりや舌をかむ癖や口呼吸が原因の場合は、それを早めに直すことが予防につながりますので、乳児の頃から定期検診で観察しつつ、歯科医から適切な指導を受けることが大事です。
歯のホワイトニングを探すなら