子供が虫歯の痛み!?痛みの原因としかるべき対策とは

子供の乳歯に虫歯ができてしまったらショックを受けてしまう人も多いでしょう。
なぜ乳歯にトラブルが起こってしまうのかということです。
その原因や対策方法を知っておくことが大切です。
乳歯のトラブルは奥歯の歯と歯の間にできやすく、見た目では分かりにくいということです。
症状が進行しても気づくのが遅れてしまうことがありますし、穴が開いてから気づくということも多いです。
奥歯の歯と歯の間は詰まっているため、デンタルフロスを使わないと汚れをしっかり除去することはできません。
歯医者で治療の前にレントゲンを撮影してから気づくこともありますし、子供は痛みの間隔が発達していないので神経まで進まないと気づかないことあります。
虫歯が痛いというよりも歯に穴が開いてそこに食べカスが詰まり、歯茎が腫れて痛いことが多くなっています。
歯の痛みは出たり引いたりしますいし、次の日には治ってしまって見過ごしてしまうこともあるでしょう。
そこで仕上げの歯磨きをする際などにきちんと子供の歯を確認することが大切です。
また、乳歯の虫歯は白いことが多く、知らないうちに進行してしまいます。
黒いものはゆっくり進行するのですが、白いものは早く症状が悪化してしまいます。
乳歯は柔らかいので症状が悪化しやすいということです。

子供の虫歯は痛みがあるの?

乳歯の虫歯は主に糖分や汚れが原因であり、甘い飲み物に含まれる糖分によって引き起こされるということです。
糖分に入試が長時間晒された場合、口内に存在する細菌が飲み物や食べ物に含まれる糖分を利用し、酸を作り出すというメカニズムです。
細菌による攻撃を何度も受けることにより、虫歯ができてしまうとされています。
歯の表面は体の中で最も硬いエナメル質で覆われているのですが、乳歯は永久歯よりもエナメル質が薄く、細菌によって溶かされやすいということです。
歯が溶け始めると比較的早く神経まで進んでしまいますし、柔らかい象牙質まで入ると一気に広がってしまうので注意しましょう。
口の中では食事の度に歯が溶けることと溶けた歯を戻すことが繰り返されており、虫歯がエナメル質内であれば再石灰によって治る可能性があります。
子供の歯のトラブルは一般歯科でも治療することができますが、より専門的な知識のある小児歯科専門医を選んでも良いでしょう。
小児歯科ではドクターやスタッフが専門の知識と技術を持っており、赤ちゃんや成人前までの子供のために刃の治療やトラブルの予防などを行っています。
子供は歯医者を嫌がることも多いのですが、子供に不安を与えない工夫をしているということです。

虫歯になりやすい子供の特長

子供は歯が生えてくると、虫歯のリスクの高い子供とそうでない子供が出てきます。
なぜ虫歯のなりやすさに違いがあるのか気になっている人もいるでしょう。
口腔内は大人も子供も唾液によって中性に近い状態に保たれており、唾液が口の中をトラブルから守っているということです。
奥歯や乳歯が虫歯になりやすいということは口腔内のバランスが崩れてしまうということであり、食べる回数がおおいことも原因の一つです。
虫歯は甘いものばかりを食べるとなりやすいと言われていますが、それよりも食事のタイミングが影響しています。
間食の回数が多いと口腔内のバランスを取ることが難しくなりますし、虫歯菌が口腔内の食べカスから歯垢を作り出すことにより、酸を作り出してしまうことになるのです。
虫歯になりやすいかどうかは間食の回数が大きく影響してくるとされており、間食の度に歯磨きをしているかどうかも関係してきます。
まずは虫歯になりやすい食習慣や食べ物についてしっておくと良いでしょう。
食習慣も生活習慣も徹底しているのに虫歯ができてしまうこともありますが、歯の形成段階での石灰化が不十分な人や歯並びの悪い人は虫歯になりやすいということです。
そのため歯並びが悪い場合は歯列矯正などを受けた方が良いでしょう。

初期虫歯の痛みは?

虫歯というのは酸によって歯が溶けてしまう病気なのですが、初期の段階では痛みをかんじないことがほとんどです。
細菌では子供でも虫歯になってしまうことが増えており、きちんとした対策方法を知っておくと良いでしょう。
人の口内には300種類以上の菌が存在しているのですが、その中に虫歯の原因となる菌もあります。
虫歯菌は糖分に反応して活動が活性化され、粘り気のある歯垢を生成することになります。
菌の根城とも呼べるこの歯垢の中で酸が作られることになりますし、少しずつ歯が溶かされてしまうということです。
子供の虫歯の直接的な原因は歯磨きなのですが、食生活が大きく関わっていることも分かっています。
糖分を含む食事をすると口内が酸性に変わってしまいますし、歯のミネラルが溶け出すことで虫歯になりやすい状態になります。
おやつなどの間食が多いとそのたびに口の中が酸性になりますし、虫歯のリスクが高まると言えるでしょう。
虫歯で痛みを感じたら症状が進行していると考えることができます。
初期段階では歯の表面の部分のエナメル質が少し溶け始めているだけであり、痛みはほとんどないと言われています。
エナメル質の下である象牙質まで進むと冷たいものがしみるようになりますし、神経に達すると激しい痛みを感じるようになります。

まとめ

ブリアンは虫歯にならない歯磨き粉として口コミでも人気となっています。
今までの歯磨き粉とどのように違うのか気になっている人もいるでしょう。
この商品は購入した人のほとんどが満足しており、子供の虫歯予防のために使ってみるのがおすすめです。
日本で初めて虫歯菌除去用成分を配合した歯磨き粉であり、虫歯菌を減らすことで虫歯対策になるのです。
子供が虫歯になってしまったら歯科医院に連れて行く必要があります。
しかし、子供は歯の治療を嫌がりますし、何度も連れて行くのは大変でしょう。
歯磨きをする時は虫歯菌や歯垢を除去する成分の入った歯磨き粉を使うことが多いかもしれません。
しかし、そのような歯磨き粉では完全に虫歯菌を除去することはできませんし、善玉菌まで除去してしまうとされています。
ブリアンに配合されている成分は虫歯菌だけをしっかり除去してくれるため、虫歯をきちんと予防できるのです。
虫歯菌を除去してくれる成分を使っているということですが、副作用が心配な人もいるかもしれません。
しかし、ブリアンに含まれる成分は安全性の高いものですし、殺菌剤や発泡剤、界面活性剤などは一切使っていないため、安心して使うことができるでしょう。
ブリアン歯磨き粉ってどう?