乳切歯

乳切歯とは、生まれてから一番始めに生えてくる歯のことをいいます。
乳切歯は生後6か月くらいで生えてきますが、生える時期は人によって個人差が大きく、生後3か月で生えてくることもあれば、1歳をすぎてやっと生え始めることもあります。
大抵、下の前歯から生えますが、上の前歯から生えることもあります。
歯の生え始めは歯茎がむずがゆく感じられることもあり、赤ちゃんの場合、不機嫌になってしまったり、泣いてしうこともあります。
また、むずがゆさを解消しようと何でも口に入れてしまいます。
そういう時には、歯がためなどを与えてあげるとむずかゆさが軽減されて、機嫌を直してくれることがあります。
歯がためには歯茎をマッサージする効果があるので、乳歯の成長を助けてくれます。
乳歯には、食べ物を噛み砕くという基本的な働きがあります。
栄養として吸収しやすくするためですが、よく噛むことで、脳に刺激を与えるとも言われています。
それ以外にも、顎の発育を促し、顔の形を整える働きがあります。
正しくきれいに発音するためにも乳歯はかかせません。
また、永久歯を正しい位置に誘導するのも乳歯の役目です。
ですから、虫歯などで乳歯が抜けてしまうと、後から生えてくる永久歯の歯並びが悪くなるなどの影響が出ることがあるので注意が必要です。
歯が生え始めると、虫歯になる心配が出てきます。
生え始めの歯は永久歯に比べて材質が弱く、欠けたり虫歯になりやすいと言われています。
歯茎もデリケートで、柔らかく、傷つきやすくなっています。
乳歯のケアは最初、ガーゼや滅菌シートなどでふき取ることから始めます。
食事が母乳やミルクが中心であればそれで十分ですが、ミルクの方が母乳より糖分が多いので、しっかりふき取ってあげることが必要です。
それから、離乳食をよく食べるようになったら赤ちゃん用の歯ブラシで歯みがきを始めます。
最初は嫌がることも多いですが、毎日続けることで歯ブラシに慣れていきます。
歯が生え始めたらすぐにケアを始めることが大切です。
ブリアンで不安なくしますか?それとも不安なまま毎日を過ごしますか?