子どもの歯と歯の隙間が広すぎる!空隙で変わる歯並び

生まれてから数年で乳歯から永久歯への交換という大変化が起こる子供の歯ですが、その間に歯と歯の間に隙間があいてしまうことがあります。
空隙歯列(くうげきしれつ)、所謂すきっ歯と言われる歯並びのことです。
この歯並びには、治療が必要な場合と、自然に治る場合があります。

歯と歯の間に隙間があいてしまうのは、顎(歯列弓・顎骨)の大きさに対して歯のサイズが小さかったり、生まれつき歯の本数が少なかったりするのが原因です。
他にも、本来あるはずがない過剰歯の存在や、指しゃぶりや舌癖や口呼吸などの癖が影響するなど様々な原因があり、それによって歯が並ぶスペースが余ってしまい、隙間があいた歯並びになってしまうのです。

発音障害や歯周病の原因などになることもある空隙は、大人の場合には治療せず自然に治ることはありませんが、必ず治療が必要なものではありません。
しかし、子供の場合は、自然に治ることもあり、治療に進むべきかどうかは歯科医による専門的な判断が必要です。

実は、永久歯が生えそろう前の子供の空隙は、歯の異常ではなく、むしろ綺麗な歯並びになるために大事なスペースとなります。

乳歯の段階で歯と歯の間の隙間が全くない綺麗な歯並びであるということは、よりサイズの大きな永久歯がきちんと並んで生えるスペースがないということになります。
結果として悪い歯並びになってしまいますから、小さな乳歯の段階では隙間だらけのほうが良いのです。

ただ、永久歯が生え出した混合歯列期になっても、空隙が目立つ場合は、注意が必要です。
生え変わった来ている
歯が綺麗に並んでいないや、あごの大きさに対して永久歯が小さいなど、永久歯が生え揃ってからも、空隙が治らないかもしれないからです。

歯や顎の大きさに関係なく、指しゃぶりや舌をかむ癖や口呼吸が原因の場合は、それを早めに直すことが予防につながりますので、乳児の頃から定期検診で観察しつつ、歯科医から適切な指導を受けることが大事です。