過剰歯

過剰歯とは、乳歯20本・永久歯32本よりも多く歯が生えてしまっている事及び、当該する歯そのものの事を指して言われる単語です。
進化の過程で現代のヒトには生えなくなったはずの歯が生えて来たり、1つの歯を生えさせる・支える部分が2つに分化したりする事で発生しますが、こうした状態に至る原因についてはよく解っていないものです。
発生は永久歯において1本である場合が最も多く、大きさは正常の歯より小さい事が多い為に、骨の中に留まって表出しない事も少なくありません。
ですが嘗てより顎が小さい傾向にある現代人において、こうした正常で無い歯が余計に存在する事は大きなリスクを伴う事があります。
具体的には位置的に本来生えるべき歯に蓋をするような形になってしまい、正常な歯の方が生えて来れなくなるというリスクがまず挙げられます。
この場合には表面上は歯が欠損したかのような状態になる事から、歯並びや噛み合わせの大幅な悪化というリスクも孕む事になります。
また過剰歯は、本来歯が生えるべき方向に生えて来ない場合があります。
その場合は本来の永久歯の根幹部に影響して神経を痛めてしまったり、細菌感染を起し易い状態にしてしまうというリスクも発生して来ます。
更に全く逆方向に向かって骨に埋まるような状態で伸びて行った場合には、鼻腔内の環境にまで影響を及ぼす場合があります。
過剰歯は前述のように永久歯に多い為、乳歯の状態や生え換わりの状況にも影響を及ぼし易く、その影響から異常が疑われて子供の内に発覚する事が多くあります。
子供の場合は大人よりも歯の周囲の骨が軟らかい事や、将来の永久歯への影響を未然に防げる可能性も高い事から、対象の歯は抜歯を適用する事が基本的な治療となります。
一方で骨の深い位置に埋没していて、他の歯に対して特に影響を与えていないと判断される場合には、抜歯によって生じる周囲の歯へのリスクも考えて経過観察に留める事もあります。
特に大人になるまで異常が感知されなかったような場合に多い状況で、骨が固まっている事もあって抜歯を避ける事もあるのです。
ブリアンについて嘘書いてないのはどのサイト?答えはコチラ